忍者ブログ
[13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

上記見通しは、見解に過ぎず、相場展開を保証するものではありません。最終的な投資決定は、投資家ご自身の判断で行われますようお願いします。

今日の東京市場はNY市場時間帯に発表される予定のFOMCの金融政策声明待ちの静かな状況でしたが、夕方になってドル/円が112円を上回ってきています。ドルショートのプレーヤーのポジション落としも入っているように思えます。

FOMCの予想としては大方の市場関係者がフェッドファンドレート(FF rate0.25%の利下げで4.25%に変更です。一部関係者が0.50%の利下げを予想しています。仮に0.50%の利下げとなれば、一時的に株高・ドル高に振れると思われます。ドル/円で113.00近辺、ユーロ/ドルの1.4550近辺まで跳ねる可能性があると思います。予想通り0.25%の利下げであれば、現在の水準から大きく外れることはないと思います。

再びファンダメンタルズを市場の関係者を考えることとなるでしょう。ボトムラインはドル安の流れではと思います。

 

UBS続編:UBSの巨額損失に対してシンガポール政府投資公社(GIC)と中東の政府系ファンドが130億スイスフラン(約13千億円)の援助の手を差し伸べました。シンガポール政府投資公社はUBS9%の発行済み株式所有となり最大の株主となりました。シティーグループは、アブダビ投資庁(ADIA)から75億ドル(約8千億円)の出資を受け入れました。これは4.9%の株式所有となります。

このように政府系ファンドが損失を補う図式となり、なんとも不可思議な様相です。表向きは経営戦略には口は挟まないと言っているものの、何か事が起これば黙っていないはずです。シンガポールは勤勉な国民性で、金融センターとして世界中から資金を集めて運用することで資金リッチな国になり、アブダビ、サウジアラビアなど中東諸国は地下に眠るコスト1バーレル当たり23ドルの原油を90ドル近くで売却して何の労なく資金リッチな国になりました。

どんな経緯で資金リッチな国になったものの、ますます影響力が強くなりそうです。また彼らはその原資をドルに連動した形で保有していますから、彼らの相場観でドルの動向が左右されてしまいます。ペルシャ湾岸5カ国が通貨同時切り上げとの観測も出ています。ドル安が根底で構築されつつあるように思えてなりません。

 

それではFOMCの発表を待ちましょう!

PR

上記見通しは、見解に過ぎず、相場展開を保証するものではありません。最終的な投資決定は、投資家ご自身の判断で行われますようお願いします。

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[06/15 ヨーロッパカラー]
[05/16 FXランキングサイト]
[10/11 辻 秀雄]
[09/01 koko]
[08/28 tani]
最新TB
プロフィール
HN:
水谷 文雄
年齢:
65
性別:
男性
誕生日:
1953/03/09
職業:
スペイン研究家
趣味:
旅行、陶芸、料理
自己紹介:
スイス銀行(現UBS)などで、為替、金利ディーラーとして20年以上のキャリアを歩む。
国際金融市場をやさしく解説して、為替の世界のおもしろさを皆さんに広めたいと意気込んでいます。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

本サイトに記載・掲載されている内容の著作権は、原則として株式会社FXBB、およびその他情報提供者に帰属します。
著作権法により、株式会社FXBBおよびその他情報提供者等に無断で転用、複製等することを禁じます。