忍者ブログ
[98]  [97]  [96]  [95]  [94]  [93]  [92]  [91]  [90]  [89]  [88
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

上記見通しは、見解に過ぎず、相場展開を保証するものではありません。最終的な投資決定は、投資家ご自身の判断で行われますようお願いします。

今日のオージーについては、東京時間帯で動く数少ない為替相場です。予想通りオーストラリア準備銀行(RBA(Reserve Bank of Australia)は、政策金利のキャッシュレートを0.25%引き上げて、7%としました。オージーロングで待ち構えていた投機筋がすかさず発表前後から売りを入れていたようです。オージー/ドルは下値0.9032近辺まで付けたようです。しかし、結構オージー強いなという印象です。チャート的には0.9100は非常に重要な節目となります。今後の展開はこの節目を破ってくるかにかかってきます。世界的な金利低下局面の中、中央銀行のインフレ目標値の2%を上回っており、更なる利上げの可能性を示唆する向きもあるようです。オージー/円も利食い一巡の後は、再びオージー買いが入っているようです。米国、欧州の金利が低位に推移する中、ファンド筋も目を付けています。オージーロングを今後持っていても、大きな怪我にはつながらないと思います。私は今週金曜日発表の25日(本日)時点でのシカゴCMEのポジション具合を見てみたいものです。(来週月曜日は日本休日のため、火曜日にレポートする予定です。)

 

 

ひとつの祭りが終わり、次に進みましょう。これから海外市場の推測してみましょう。欧州時間帯には、12月のユーロ圏小売売上高(予想+0.2%前月比)が出ます。ECB(欧州中央銀行)理事の金利の見方が割れていますので、この数字も景気の判断をする材料となります。木曜日に定例理事会が予定されています。また米国時間帯では1月のISM(供給管理協会)発表の非製造業景況指数(予想53.0)が発表されます。50を超えていれば、景気判断としては良いと言える指数です。また明日の日本の午前中に大勢が判明すると思うのですが、米大統領選の予備選・党員集会の注目日スーパーチューズデイ(Super Tuesday

を迎えます。そろそろ候補者が最終的に絞られてきます。特に共和党は誰になるのでしょうか?

 

 

ユーロ/ドルは1.4800を上回ったところでまったくの凪の状態です。どちらかに動くのですが、どちらでしょうか?ストカスティックで読むとファーストとスローが交錯してユーロ売りのサインなのですが、なかなか1.4800が割れません。シカゴ筋のポジションから判断するとユーロロングのポジションが落ちてきていますから、ファンド筋は現在のコスト近辺かその下の1.4700近辺で余り妙味のあるポジションとは言えません。ドル買戻しのニュース材料が出ると、ポジション落しのユーロ売りのドル買いが出ます。こちらは一旦動くと早いと思います。損切り的な早い動きとなると読みます。従って、1.4800水準での監視は非常に重要です。シカゴのファンド筋もコストの余裕は余りないように思えてなりません。今後の長期の金利差を考えるとユーロ買い方向と思うのですが、慎重に行きましょう。ドル/円は106.00がブロックされ、108.50106.00のレンジ相場です。シカゴのポジションを読むと円ロングのドルショートが溜まっていますから、ドルの戻りは、一旦加速がつくと早いと思います。ただ、108.50までのドル買戻しはどうかとは思います。戻って107.50近辺かというところです。こちらは、米経済と金利動向だけを注意すれば良さそうです。

 

 

思い出:ニック・リーソン(Nick Leeson)との出会い-2:ゴルフコンペの後、またまた会食パーティーです。楽しくお酒を飲みながらのパーティーでもう誰が誰だか分らなくなりました。ニック・リーソンともまたいろいろと話しましたが、日本のことは何も話しませんでした。そしてシンガポールに戻る船旅もあっという間に過ぎました。その後、数ヶ月当地に滞在することになっていたのですが、イギリス人はイギリス人の業種は問わず市場物を扱うトレーダーで夜は固まっていました。私は日本人ひとりで無派閥です。しょうがないからイギリス人の仲間に連れられて夜の世界へ。金融街の側を流れる川沿いにボートキー(Boat Quay)と呼ばれる観光名所が現在でもあるかと思います。その一角にイギリス人トレーダーの溜まり場のイングリッシュパブがあるのですが、そこによく連れられて行かれました。そこが、まさしくニック・リーソンの情報網の真っ只中でした。カウンター一本のパブでイギリス人を中心として深夜まで金融の情報交換を含めて集まっていました。しかし、私はそこに、ニック・リーソンの落とし穴があったのではと推測します。事件が発覚した後、当地を訪れ、仲間のマイケルと夜飲みに行って、彼が、あの有名なニック・リーソンはいつもお前の座っているこの席でビールを飲んでいたと説明してくれました。マイケルもニックを良く知る人物ですが、今はどこで何をしているのか音信不通です。ニック・リーソンの落とし穴についての私の推測は明日話しましょう。To be continued.

 

 

それでは、Have a nice evening!

PR

上記見通しは、見解に過ぎず、相場展開を保証するものではありません。最終的な投資決定は、投資家ご自身の判断で行われますようお願いします。

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[06/15 ヨーロッパカラー]
[05/16 FXランキングサイト]
[10/11 辻 秀雄]
[09/01 koko]
[08/28 tani]
最新TB
プロフィール
HN:
水谷 文雄
年齢:
66
性別:
男性
誕生日:
1953/03/09
職業:
スペイン研究家
趣味:
旅行、陶芸、料理
自己紹介:
スイス銀行(現UBS)などで、為替、金利ディーラーとして20年以上のキャリアを歩む。
国際金融市場をやさしく解説して、為替の世界のおもしろさを皆さんに広めたいと意気込んでいます。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

本サイトに記載・掲載されている内容の著作権は、原則として株式会社FXBB、およびその他情報提供者に帰属します。
著作権法により、株式会社FXBBおよびその他情報提供者等に無断で転用、複製等することを禁じます。