忍者ブログ
[22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

上記見通しは、見解に過ぎず、相場展開を保証するものではありません。最終的な投資決定は、投資家ご自身の判断で行われますようお願いします。

予想通り東京時間帯は輸出のドル売り注文が厚いようだ。ドル/円は113.00を挟んでドルじり安で推移しています。米経済指標で良い数字が出ればドル買戻しの反応が出ます。ただモーニングレポートで書きましたように、超薄商いですのでどちら方向にも大ブレの可能性もあるので要注意です。

 

日経平均の下落は米株安に追随した動きとはいえ、毎日徐々に下がってゆくのが気になります。

 

東京市場は実需の市場です。輸出、輸入、資本筋、サービス部門実需などがあります。

 

NY市場でドル円が上がった場合の翌日の東京市場:

高い水準でドルを売りたい輸出筋、海外で得た利息収入、キャピタルゲイン(外国株式の利益)などドルを売って円に換えたい需要があります。午前10時の仲値(東京のメガバンクが決定します。)での決済と、その後の推移を見て、為替担当者が銀行に予約を入れます。ちょうど現在の水準は中長期的に見ればドル安ではないかとの意見が支配的ですから、為替担当者はドルが吹き上がるとすかさず東京市場でドル売り予約を入れます。最近の傾向はこれに当てはまり、東京時間帯ではドルはいつも頭を押さえられドルが下落傾向となります。欧州時間帯とNY時間帯に投機筋、ファンド筋が本格的に出動するためにドルが高くなる傾向になります。この1日の繰り返しが昨今の動きです。

 

NY市場でドル円が下がった場合の翌日の東京市場:

東京市場では、日本の輸入業者は低い水準でドルを買って決済用に手当てします。また個人の投資家が外国株、外国債券、外貨投信などの手当て水準ではと見込みドルを手当てします。また年末年始、ゴールデンウイーク、夏休みには、海外旅行用のドル買い需要が出てきます。このような場合には東京市場ではドルが下落傾向でも、実需のドル買いでドルの戻りが見られます。そして本格的なドル下落は海外市場で見られることとなるのです。

 

現在どのような市場環境にあるのか、市場に入る前に十分チェックする必要があります。

PR

上記見通しは、見解に過ぎず、相場展開を保証するものではありません。最終的な投資決定は、投資家ご自身の判断で行われますようお願いします。

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[06/15 ヨーロッパカラー]
[05/16 FXランキングサイト]
[10/11 辻 秀雄]
[09/01 koko]
[08/28 tani]
最新TB
プロフィール
HN:
水谷 文雄
年齢:
65
性別:
男性
誕生日:
1953/03/09
職業:
スペイン研究家
趣味:
旅行、陶芸、料理
自己紹介:
スイス銀行(現UBS)などで、為替、金利ディーラーとして20年以上のキャリアを歩む。
国際金融市場をやさしく解説して、為替の世界のおもしろさを皆さんに広めたいと意気込んでいます。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

本サイトに記載・掲載されている内容の著作権は、原則として株式会社FXBB、およびその他情報提供者に帰属します。
著作権法により、株式会社FXBBおよびその他情報提供者等に無断で転用、複製等することを禁じます。