忍者ブログ
[294]  [293]  [292]  [291]  [290]  [289]  [288]  [287]  [286]  [285]  [284
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

上記見通しは、見解に過ぎず、相場展開を保証するものではありません。最終的な投資決定は、投資家ご自身の判断で行われますようお願いします。

おはようございます。
 
 
ECB(欧州中央銀行)総裁が、ユーロ圏の成長が弱まるとの見通しを示されました。「Economic growth are materializing.」 政策にバイアスはないと前回と同様繰り返しています。但し、中央銀行としての物価安定の重視も強く指摘されており、従来と変りはないようです。2008年後半はGDP(域内総生産)が弱まることから、利上げ観測は急速にしぼんでいるようです。来年からの利下げ機運が高まっています。トリシェ総裁が景気にも言及されたことで、従来のタカ派一辺倒ではなかったことから、ユーロ/ドルがユーロ売りと反応したようです。重要な節目の1.5400を割ってきたことから、次の節目が1.5100となります。1.5100は非常に重要な節目です。相場の一大転換点と思われますので注意してください。ここを破ると1.450と向かいます。ドイツ国債(ブンズ)の2年債がここのところ利回りが下落しており、7月末には4.50%でしたが、昨日が4.09%とさげていることで、金利ディーラー、債券ディーラーは既に利下げを見越して動いているようです。
 
 
BOE(イングランド銀行)は私の予想に反して政策金利据え置きです。声明では簡単な文章で、後日公開の議事録を参照してくださいとの一言です。しかし、為替市場はポンド売り圧力が強いようです。シカゴの投機家もポンドショートに既に動いたかも知れません。
 
 
豪ドル/ドルが0.9100を大きく割っています。東京時間帯では日本の投資家が値ごろ感から豪ドルを買っているようですが、やはり海外の投資家は豪ドル売りです。オーストラリアの景気の転換点であることを海外の投資家、投機家は認識しているようです。シカゴの投資家もほぼ利食い売りを終えたと想像します。これからが、本当の相場をようです。私は、どうして日本の投資家が豪ドル買いをこの時点で進めるのか理解に苦しみます。ドル/円で確かに円安傾向にあることは、豪ドル/円での追い風にはなるのですが。
 
 
それでは、今日も為替相場と仲良く対話しましょう。
PR

上記見通しは、見解に過ぎず、相場展開を保証するものではありません。最終的な投資決定は、投資家ご自身の判断で行われますようお願いします。

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[06/15 ヨーロッパカラー]
[05/16 FXランキングサイト]
[10/11 辻 秀雄]
[09/01 koko]
[08/28 tani]
最新TB
プロフィール
HN:
水谷 文雄
年齢:
65
性別:
男性
誕生日:
1953/03/09
職業:
スペイン研究家
趣味:
旅行、陶芸、料理
自己紹介:
スイス銀行(現UBS)などで、為替、金利ディーラーとして20年以上のキャリアを歩む。
国際金融市場をやさしく解説して、為替の世界のおもしろさを皆さんに広めたいと意気込んでいます。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

本サイトに記載・掲載されている内容の著作権は、原則として株式会社FXBB、およびその他情報提供者に帰属します。
著作権法により、株式会社FXBBおよびその他情報提供者等に無断で転用、複製等することを禁じます。