忍者ブログ
[255]  [254]  [253]  [252]  [251]  [250]  [249]  [248]  [247]  [246]  [245
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

上記見通しは、見解に過ぎず、相場展開を保証するものではありません。最終的な投資決定は、投資家ご自身の判断で行われますようお願いします。

おはようございます。

 

昨日のポイントは3つ。

 

1.              イングランド銀行は金融政策委員会にて、現行5.00%の政策金利を据え置きました。利下げを求めた委員もいるようで、景気後退警戒感が強そうです。直前に発表された6月のHBOS住宅価格は-2.0%(前月比)-6.1%(前年比)とかなり悪い数字です。不動産・住宅業界を中心に英経済の減速感が出ています。ポンド/ドルは、1.9700直前まで下落しましたが、ドル要因で買われたようです。ポンドベアトレンド方向と思います。

 

2.              現在の米金融界の関心事は、二大政府系住宅金融機関(ファニーメイ、フレディマック)の経営悪化のようです。昨日のバーナンキFRB議長とポールソン米財務長官の話の内容は、この問題が中心で、ポールソン財務長官は、米連邦住宅公社監督局(OFHED)はファニーメイ、フレディマックの資本は十分との見解を示しました。差し押さえ物件が増え、延滞する住宅ローン借入者が増えていることが伺えます。サブプライムローンだけでなく、プライムローンの借入れでも問題が出てきそうです。不動産関連での問題の根深さが伺えます。ポールソン財務長官は「強いドルは米国の国益に叶う。」との発言もこの問題でかき消されてしまいました。来週は民間金融機関の決算発表と、ドルの頭は重そうです。今年中の利上げ観測は後退しています。

 

3.              イランが3日連続のミサイル試射です。原油高からドルが売られました。イスラエルの度重なる挑発で緊張感が高まっています。イランからの原油供給ストップのリスクは残る。

 

それでは、今日も為替相場と仲良く対話しましょう。

PR

上記見通しは、見解に過ぎず、相場展開を保証するものではありません。最終的な投資決定は、投資家ご自身の判断で行われますようお願いします。

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[06/15 ヨーロッパカラー]
[05/16 FXランキングサイト]
[10/11 辻 秀雄]
[09/01 koko]
[08/28 tani]
最新TB
プロフィール
HN:
水谷 文雄
年齢:
67
性別:
男性
誕生日:
1953/03/09
職業:
スペイン研究家
趣味:
旅行、陶芸、料理
自己紹介:
スイス銀行(現UBS)などで、為替、金利ディーラーとして20年以上のキャリアを歩む。
国際金融市場をやさしく解説して、為替の世界のおもしろさを皆さんに広めたいと意気込んでいます。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

本サイトに記載・掲載されている内容の著作権は、原則として株式会社FXBB、およびその他情報提供者に帰属します。
著作権法により、株式会社FXBBおよびその他情報提供者等に無断で転用、複製等することを禁じます。