忍者ブログ
[285]  [284]  [283]  [282]  [281]  [280]  [279]  [278]  [277]  [276]  [275
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

上記見通しは、見解に過ぎず、相場展開を保証するものではありません。最終的な投資決定は、投資家ご自身の判断で行われますようお願いします。

おはようございます。
 
 
先週の金融市場を振り返ってみます。米国では、金融システム不安を払拭するために、米金融当局と欧州金融当局が迅速な対策を打ち出しました。公定歩合水準での融資、証券会社に対する不動産担保証券を担保に米国債を貸し出す制度の1月末までの延長、各国中央銀行間の流動性供給額(為替スワップ)の拡充などの対策です。金融市場に安心感が出たようで、その後の重要な米経済指標に対しても、心理的にドルは売れないと反応したようです。米第2四半期GDP(国内総生産)が1.9%(前期比年率)なり、第1四半期が1.0%成長と年前半でのマイナス成長は避けられました。また7月の失業率では、非農業部門雇用者数が予想よりも良い-5.1万人に留まり、市場に安心感を与えたようです。しかし、マイナスの雇用者数と、失業率が5.7%と更に悪化しており、また、自動車メーカーGMが第2四半期だけで1兆7千億円の巨額損失を計上するなど、米経済は依然不安要素を抱えています。第3四半期以降の景気減速懸念は残ります。
 
 
しかし、ここのところ米国以外の地域で景気後退を示す兆候が目白押しです。ユーロ圏ではドイツのIFO景況感指数が100を割る97.5、ユーロ圏消費者信頼感が-20になるなど、ユーロ売りの発想を呼び起こしています。また、日本では鉱工業生産が二期連続のマイナスの数字、貿易収支で大幅に黒字が減少しているなど、円売り要因が出ています。
 
 
今週は中央銀行の金融政策委員会が目白押しの週で注目です。米国ではFOMC(米連邦準備理事会)が開催され、政策金利変更なしとの予想ですが、声明文にどの程度、インフレ懸念が表現されているかに注目されます。ベージュブックでは、景気後退とインフレ懸念が各地区で共存しているようです。欧州では、ECB(欧州中央銀行)とBOE(イングランド銀行)が定例理事会と金融政策委員会を共に開催します。ECBは、ユーロ圏消費者物価指数が4.1%を超へ、物価の安定を最重要課題とするECBとしては政策金利を変更することはないでしょう。しかし、欧州各国で景気後退を示す兆候が出ており、理事会後のトリシェ総裁の会見に注目が集ります。これまでのタカ派的発言を繰り返すのか、景気にも配慮した発言をされるのが注意しましょう。BOEについても同様も注意が必要です。英国の景気減速感が強まりつつあります。
 
 
オセアニア通貨が下落の傾向を強めています。ニュージーランドの政策金利引下げを発端に、オーストラリア経済にも景気減速感が強まっています。火曜日のRBA(豪準備銀行)の金融政策委員会に注目です。政策金利の据え置きが予想されますが、先週金曜日豪主要紙で、今回の金融政策委員会で真剣に利下げが検討され、次回(9月2日)の委員会で0.5%の利下げが行われるとの観測記事を掲載しています。シカゴ先物市場でも、利食いの豪ドル、NZドルの利食い売りが加速しています。
 
 
米国経済の悪化は明らかですが、その他の経済圏にも悪化の兆しが顕著です。市場参加者をこれまで米国経済を読んでドルを売る傾向にありましたが、これからはその他経済圏が悪いことにも注目して取引を進めるように思います。ドルが全通貨に対して強くなる傾向が強まると予想します。ドル/円では106.00~111.00の中間点108.50が当面の目標となります。ユーロ/ドルは1.5400、ポンド/ドルで1.9700が重要な節目となります。
 
 
シカゴ筋(CME)情報:7月29日時点
円 ネットショート 6,280枚(前週比 ロングからショートに転換 実質16,804枚増)、ユーロ ネットショート 16,218枚(ロングからショートに転換 実質20,289枚増)、ポンド ネットロング 1,460枚 (-1,862枚)、スイスフラン ネットショート 4,655枚(-2,989枚)、オージー(豪ドル)ネットロング 28,919枚(-24,665枚)、キューウィー(NZD)1,584枚(-3,400枚)
 
円とユーロがネットショートに転換していることに注目です。米国以外の経済圏景況感悪化を投機家は読んでいるようです。オージー、キューウィーは利食い売りが加速しています。現時点ではもっとロングが減っているようです。
 
 
それでは今日も為替相場と仲良く対話しましょう。
PR

上記見通しは、見解に過ぎず、相場展開を保証するものではありません。最終的な投資決定は、投資家ご自身の判断で行われますようお願いします。

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[06/15 ヨーロッパカラー]
[05/16 FXランキングサイト]
[10/11 辻 秀雄]
[09/01 koko]
[08/28 tani]
最新TB
プロフィール
HN:
水谷 文雄
年齢:
65
性別:
男性
誕生日:
1953/03/09
職業:
スペイン研究家
趣味:
旅行、陶芸、料理
自己紹介:
スイス銀行(現UBS)などで、為替、金利ディーラーとして20年以上のキャリアを歩む。
国際金融市場をやさしく解説して、為替の世界のおもしろさを皆さんに広めたいと意気込んでいます。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

本サイトに記載・掲載されている内容の著作権は、原則として株式会社FXBB、およびその他情報提供者に帰属します。
著作権法により、株式会社FXBBおよびその他情報提供者等に無断で転用、複製等することを禁じます。