忍者ブログ
[282]  [281]  [280]  [279]  [278]  [277]  [276]  [275]  [274]  [273]  [272
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

上記見通しは、見解に過ぎず、相場展開を保証するものではありません。最終的な投資決定は、投資家ご自身の判断で行われますようお願いします。

お疲れ様です。
 
 
オーストラリアの経済指標が発表されました。6月の小売売上高はマイナス1.0%前月比の芳しくありません。予想よりも悪い。6月の貿易収支は4.11億AUDの赤字と予想の半分の赤字幅で改善しているようです。豪ドル/ドルの反応に見てみると、一旦一気に下げています。その後、徐々に買いも集まり、0.9430~40近辺でこう着状態です。シカゴ先物市場では、投機筋が0.90~0.92近辺から豪ドルを買い上げていますから、利食いの豪ドル売りはまだ続いてもおかしくはありません。米国の第2四半期GDP(国内総生産)次第で、ドル買いが強まれば、更に利食いの豪ドル売りが続くと思います。豪ドルはひとつの相場が終了したのかも知れません。豪ドル取引には慎重に対処しましょう。
 
 
昨日の日本に鉱工業生産の数字は重みのある悪い数字のようです。2四半期連続のマイナスと景気後退局面入りと示唆する兆候です。米国でGM,フォードが苦戦をしており、その煽りでトヨタ、日産も生産台数を落としています。日産ではテネシー工場で大幅は人員削減を計画している。日々の生活の中で、物価上場が著しく、庶民は生活防衛に必死のようです。日中街を歩いていると車の台数が減ってきているような気もします。JRを使い、車の使用を控えている。郊外型のレストランやショッピングモールでは無料のガソリン券を配ったりと必死です。漁師さんはガソリン高から、魚を獲っても油代にもならないと嘆いています。輸出の後退、原油高から輸入代金の支払い増大と、よく見ると円安要因がそこら中に見えます。米国要因ばかりに目が行っていますが、良く見ると日本要因で円安になっても不思議でないようです。
 
 
それでは、今日の注目点を話しましょう。ユーロ圏7月の消費者物価指数が発表されます。予想は4.2%前年比と前月の4.0%を上回る予想です。高い数字とならば、ECB(欧州中央銀行)の利上げという発想でユーロが買われそうですが、最近ユーロ圏で景気後退を示す兆候が出ています。IFOの景況感調査など典型例です。スペインでは、ソブレス経済相が、第4四半期にはスペイン経済はゼロ成長前後になる可能性を指摘しています。(私は非常に心配です。)不動産バブルが弾け、各国の景況感にばらつきが目立ちます。いくら物価安定を最重要課題としているECBも各国の集合体であるために、それぞれの国に対する配慮をする必要がありそうです。来週木曜日にECBは定例理事会を開催して政策金利を決めますが、据え置きとなると思います。トリシェ総裁が従来のタカ派的発言をされるのか、それとも景気に配慮したハト派的な発言をされるのか注目です。ユーロの頭は重いと思います。ユーロ/ドルで1.5400~1.7500のレンジ内の動きで1.5400方向にバイアスは掛っているようです。
 
 
そして、米国第2四半期GDPの発表です。市場は2.3%前期比を予想しています。数字通りであれば、ドルが買われそうです。以前米国前半はマイナス成長ではと懸念されていました。数字通りであれば、マイナス成長は回避されます。しかし、景気後退感は年後半までずれ込むのではとの観測が強い。GM、フォードなど基幹産業が総じて不振、ガソリン高から庶民に消費マインドは低下しています。金融機関でも地銀の倒産、リストラと今後も悪材料は出てきます。ドルは数字にはドル高で反応しそうですが、上値は重いようです。明日の雇用統計のあり、一方的なドル高は予想しづらいようです。良い数字がでて、上へ行って108.50~109.00と言ったところではないでしょうか。事前にドル高方向でポジションを作っている投資家は、良い数字がでれば、直ぐに利食いの動きと思います。
 
 
相場に対する時には、変に決め打ちはしない方が良いと思います。柔軟に対応する、つまり、相場の流れに乗ることが重要です。Do not fight the trend-it is your friend.トレンドと戦ってはいけない。それはあなたの友達です。
 
 
余談:先日富士登山の話をしましたが、有名スイス人為替ディーラーA.S.さんの話を続けます。スイスでは、未だに国民皆兵です。スイスでは会社の肩書の重要ですが、軍隊での経歴と肩書きが重要視されます。軍隊で重要な肩書がある人は、会社でも高い肩書である場合が多い。所属部隊は聞かなかったですが、軍隊でも高い位であり、為替ディーラー兼軍隊の長です。軍服姿が似合いそうです。昔テレビドラマでよく見たドイツ軍将校を思い出す。1年か2年に一度、4週間の兵役義務が45歳位まで義務付けられます。兵役義務を拒否する場合は少ないようで、自分の国は自分たちで守るという意識が強そうです。別のスイス人の友人は、救護班に属し、訓練で夜中にバイクを運転し、雨中にひどい目にあったと聞かされました。スイスでは、核兵器の攻撃に備えて核シェルターが設置されている家庭があると聞きます。私は実際には見たことはないのですが、スイス人も積極的に見せたがらないようです。
 
スイス人の特徴は、銀行員であれば、4ヶ国語を操って会話をします。4つの公用語がスイスではあり、ドイツ系のスイス人であれば、ドイツ語が母国語であり、英語、フランス語、イタリア語、ロマンティッシュ語(古代からあり少数の人々が話します。)を操って仕事をします。母国語の違うスイス人ばかりでなく、ドイツ人、イタリア人、フランス人、スペイン人と各言語で意思疎通ができ、仕事をします。ここが、資源のない、そして永世中立を貫くスイス人の強かさです。中世から、傭兵を派遣してきた民族であり、バチカンの衛兵は昔からスイス人の傭兵と聞いています。
 
でも、そんな側面を持ちつつ、遊ぶ時は豪快に遊んで酒の飲むA.S.さんを見ていると、人格不審に陥ります。軍隊で将校に肩書きを持ちつつ、シンガポールの夜では派手に遊んでいる姿に、建て前と本音が見え隠れします。やはり、人間 本性は私と同じ様です。???
 
 
それでは。
 
Have a nice day!
PR

上記見通しは、見解に過ぎず、相場展開を保証するものではありません。最終的な投資決定は、投資家ご自身の判断で行われますようお願いします。

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[06/15 ヨーロッパカラー]
[05/16 FXランキングサイト]
[10/11 辻 秀雄]
[09/01 koko]
[08/28 tani]
最新TB
プロフィール
HN:
水谷 文雄
年齢:
67
性別:
男性
誕生日:
1953/03/09
職業:
スペイン研究家
趣味:
旅行、陶芸、料理
自己紹介:
スイス銀行(現UBS)などで、為替、金利ディーラーとして20年以上のキャリアを歩む。
国際金融市場をやさしく解説して、為替の世界のおもしろさを皆さんに広めたいと意気込んでいます。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

本サイトに記載・掲載されている内容の著作権は、原則として株式会社FXBB、およびその他情報提供者に帰属します。
著作権法により、株式会社FXBBおよびその他情報提供者等に無断で転用、複製等することを禁じます。