忍者ブログ
[141]  [140]  [139]  [138]  [137]  [136]  [135]  [134]  [133]  [132]  [131
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

上記見通しは、見解に過ぎず、相場展開を保証するものではありません。最終的な投資決定は、投資家ご自身の判断で行われますようお願いします。

お疲れ様です。

 

為替相場は予想通りの展開ですので、ちょっとブレイクして海外の情勢を見てみましょう。

 

 

世界の政治地図が大きな変革期にきています。まず、ロシアのプーチン大統領が院政をひき、メドベージェフ氏が次期大統領へと大きく変わります。メドベージェフ次期大統領は現在42歳で、KGB(旧ソ連諜報機関)や、ロシア資源大手のガスプロム社の会長も歴任されています。資源外交を武器に、強かに国際社会への影響力を増しそうですね。為替的には、天然資源で稼いだ資金を政府系ファンドで運用を推進することに対して後押ししてくれそうな大統領です。投資運用先と投資通貨が気になるところです。プーチン大統領が、ロシア復古主義の東西冷戦を思わせる政策を昨今執っているように思えて仕方がなく、ドルよりもユーロへの傾倒になるのではと想像できます。国内に宗教紛争を抱えていることから、イスラム世界との関係修復とはいかないようです。もうひとつは、中国の動きです。ポスト胡錦濤体制が固まりつつあります。50代の若手を副主席と筆頭副首相に登用しています。両人材とも改革路線を積極的に進めてきた人物のようで、中国の改革がますます加速しそうです。為替的には、米国からの為替調整(人民元の大幅切り上げ)の要求にも対応できる経済体制の構築、そして貧富格差の解消、インフレの抑制、バブル的にならない経済成長路線の構築、世界の資源漁りと難題が課せられます。日本にとっては本当に手ごわい相手が、北と西に控えます。しかも東のお友達からは最近冷たい態度が目立ってきています。ますます、日本の政治的、経済的地位がサンドイッチ状態となり低下傾向となること必然です。国内で政治の混乱を引き起こして時間を無駄にしているよう時期ではありません。ということは、為替的に見ると日本つまり円は中長期的には「円売り」とならないといけないようです。

 

 

今週は金利週間です。4日(火):オーストラリア、カナダ、6日(木):ニュージーランド、英国、ユーロ、7日(金)日本 と米国を除いて主要通貨国の政策決定会合がありますのでで、注意しましょう。金利動向で為替が動いている昨今ですから注意深く見守る必要があります。

 

 

金融市場の話をしましょう。兜町が大幅安ですね。素直な反応ですね。私が注目している金相場ですが、アジア時間帯には980ドル台(1オンス)と先週金曜日のNY終値よりも5ドル以上高い水準で取引されています。ということはドルから金と原油、そしてその他通貨への流れが欧州時間帯、米国時間帯へと続くと予想します。

 

 

安全志向、逃避先を探してドルがさまよっています。今日の東京市場は、主だった動きは「円キャリートレード」の巻き戻しです。つまり損切り相場です。ドル/円でのドル売り、そしてオージー(オーストラリアドル)/ドルでのオージー売り、ユーロ/ドルでのユーロ売り、ポンド/ドルでのポンド売りが午前中から見られました。そして午後はだいぶ落着いてきたようです。損切りを終えたら、また本来の動きです。ドル売りは続くと読みます。ドル/円での101.00, ユーロ/ドルでの当面1.5400, そして1.5700が当面の目標です。ポンド/ドルは読みづらいのですが、1.97002.0400の広いレンジを想定しています。オージー/ドルは一時的に下げていますが、以前指摘しました0.9100が大きなサポート(支持線)となっており、流れ的には0.9600方向を読みます。今週の各国政策金利決定会合の内容を待ちましょう。

 

 

今晩の注目点は二つです。1.2月ユーロ圏CPI(消費者物価指数)速報値が出されます。予想は前月と変わらず3.2%(前年比)です。3.0%前後ですと、ECB(欧州中央銀行)のインフレ目標2%を大きく上回っていますから、今週木曜日の開催の定例理事会での政策金利変更はなさそうです。高い数字が出るとユーロ買いを誘発する可能性ありと読みます。二つ目は米国時間帯に発表されるISM製造業景況指数です。予想は景況感の判断材料の分水嶺となります50を下回る49前後です。米国の悪い数字に過敏にドル売りに反応する為替市場です。注視しましょう。

 

 

お知らせ:「日本証券新聞(NSJ)」で、今月から毎月第1、第3月曜日に為替のコラムを寄稿することになりました。夕方主要駅の売店で売られていますので、ご帰宅の際、車中にでもお読みください。(一部180円)

 

 

それでは今週も体に気をつけて市場と向き合いましょう。そして次の言葉を絶対に忘れないように。「Don’t fight the trend- It is your friend.」:相場の流れとは戦うな。それは君の友達です。

 

 

Have a nice evening!

PR

上記見通しは、見解に過ぎず、相場展開を保証するものではありません。最終的な投資決定は、投資家ご自身の判断で行われますようお願いします。

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
初めまして
私はFX初心者です。ファンダメンタル
が苦手なのでテクニカル中心の取引をしています。
学べるBLOGを見つけられて嬉しくなりました。
ここでファンダメンタルを学びたいと思います。
今後とも宜しくお願い致します。

ふぁんだ 2008/03/03(Mon)16:13:35 編集
Re:無題
>ふぁんださん、

はじめまして。
難しく考える必要は全くありません。
継続して読んでいただければなるほどないう感覚が身につきます。
ただし、相場を考える場合は、30%ファンダメンタルズ、70%テクニカル
相場に入るタイミングは100%テクニカルで入るのが基本です。
もう25年以上前にたたきこまれた教訓です。
楽しくFXに入ってください。
水谷


初めまして
>私はFX初心者です。ファンダメンタル
>が苦手なのでテクニカル中心の取引をしています。
>学べるBLOGを見つけられて嬉しくなりました。
>ここでファンダメンタルを学びたいと思います。
>今後とも宜しくお願い致します。
>
>
【2008/03/03 17:06】
円安時代は来る?
はじめまして。円は新興国の圧力と無気力な経済政策で長期定期には円安になるとのことですが、何時ごろでしょうか?来年あたりでしょうか?
このところの円高で不安で眠れません。
たに 2008/03/03(Mon)19:04:55 編集
Re:円安時代は来る?
たに様、

はじめました。
現在の円相場は円の要因ではまったく動いていません。ドルつまり米国の要因で動いています。利下げ、基礎的経済要因の悪化が原因で、ドル以外の通貨や商品に避難したり、安全志向と動いているわけです。ドル要因が改善されればドル高の円安にふれます。しかし、まだいつの時点かは確認されていません。
私は個人的には年後半でのドル高シナリオを描いていますが。
相場を張るときは、気持ち悪くない程度の損切りを決めて対応してください。
気持ち悪ければ、一度すっきりして出直されたほうがよいかと思います。
それでは。
水谷

>はじめまして。円は新興国の圧力と無気力な経済政策で長期定期には円安になるとのことですが、何時ごろでしょうか?来年あたりでしょうか?
>このところの円高で不安で眠れません。
【2008/03/04 09:49】
ありがとうございました。
丁寧なご回答ありがとうございました。
タイミングを逃さないように頑張ります。
これから毎日楽しみに拝読させていただきます。
ふぁんだ 2008/03/04(Tue)18:20:00 編集
Many Thanks!!
早速のコメント感謝申し上げます。今は早く米経済が復活してくれることを祈るばかりです。個人的にも金融信用不安に陥り FXで自力で資産運用を決意しました。今後とも宜しくお願いします。
たに 2008/03/04(Tue)20:16:29 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[06/15 ヨーロッパカラー]
[05/16 FXランキングサイト]
[10/11 辻 秀雄]
[09/01 koko]
[08/28 tani]
最新TB
プロフィール
HN:
水谷 文雄
年齢:
67
性別:
男性
誕生日:
1953/03/09
職業:
スペイン研究家
趣味:
旅行、陶芸、料理
自己紹介:
スイス銀行(現UBS)などで、為替、金利ディーラーとして20年以上のキャリアを歩む。
国際金融市場をやさしく解説して、為替の世界のおもしろさを皆さんに広めたいと意気込んでいます。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

本サイトに記載・掲載されている内容の著作権は、原則として株式会社FXBB、およびその他情報提供者に帰属します。
著作権法により、株式会社FXBBおよびその他情報提供者等に無断で転用、複製等することを禁じます。